アイスクリームなども人並み以上に食べていました

年頃もいってきたので、身体もたるみ、スタミナも落ちてきたなと実感し始めたのは2,3階層前文ほどでしょうか。体調検査で悪い部分もいわれ、毎日の改良、減量、作用などを言い渡されました。そこで心機一転、減量に陥る作用というルーティンの改良にチャレンジしました。

それではルーティン、更に食事だ。それまでは好きなときに好きな物を採り入れるという毎日で、脂っこい賜物やスナック菓子、炭酸飲料などをがしがし食べ、夜中のラーメン当たり前といった毎日でした。

酒が飲めないので甘い物も穴場で、チョコレートや甘味、アイスクリームなども人並み以上に食べていました。そこで改良ですが、いきなりは無理なので取り敢えず3食はちゃんと召し上がる。

そうしてお菓子をしないに関してに力を注ぎました。甘い物やスナック菓子はなるべくさけ、ディナー後述もお菓子をしない、そして3食をたっぷりとる、ということです。

加えて、食事の時にきちんと噛むようにしました。そうすると満腹になったなという先入観が出てくるようになり、お菓子を我慢するのができるようになりました。加えて作用だ。これも急には無理なので営業が終わって帰国後述、ランニングを始めました。

最初は息がすぐに上がって疲れていたのが数ヶ月もすると5Kmくらいはすいすいと走れるようになりました。汗を断然かく結果楽しくなり、新陳代謝もよくなったような気持ちがしました。

現在ではウェイトは5kg減で、運動をする結果毎日も身体が弱くなったような気がしています。今後はもう一度作用ではランニングの距離や間隔をのばしたり、食事では野菜中心の構成にシフトしていったりなどアイデアを重ねていきたいと思います。結果が出ると楽しくて続けられるものですね。モリモリスリム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です